1945

オタク系イラストサイトです。年号で検索した人は退避退避!

元のサイトはこちら≫【1945】

初回訪問時はご覧下さい≫ 【初めての方へ】

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
【オカルト八幡】赤い貞子

【オカルト八幡】赤い貞子

これは、私の大学時代の話です。

その冬。私は、卒論の提出を控えていて、研究室(自習室のようなもの)にこもって、遅くまで書いていました。そのため、10時を過ぎたら、同じ研究室の、学校の近くに下宿している子の家に泊めてもらっていました。なぜかというと、私の家は遠くにあったので、そのまま帰ると防犯上、危険があったからです。
これは、その時きいた話というか、体験です。


「八幡ちゃん、『赤い貞子』って知ってる?」
と彼女は言いました。
「なにそれ」
「怖い話だよ」
彼女はへらっと笑いながら、携帯ゲームでやっていた乙女ゲームの電源を落としました。
「夕方にね、出るんだって。
学校の近くの細い路地に、真っ黒な髪を顔にながーく垂らした、赤いワンピースの女がさ、自転車を押しながら歩いてくるんだって」
「え、怪人物じゃん。学校に通達とかしなくていいの?」
「そのうち通達いくかもね。
まあ、見たのは今のところ、うちらの学年の、男子たちだけみたいだけど」

彼女はテレビを消します。
流れていたお笑いの深夜番組が消えた部屋は、なんだかいやに静かになります。

「なんでもね……
夕方、黄昏時にさ、男子が一人で歩いてるとね。
キコキコ、キコキコって、さび付いた自転車をおす音がするの。
振り向かなければ、ずっとついてくるの。まあ、それだけですむんだけど。
でも、振り向いてしまったら……

その姿を見た子は、必ず、高熱で生死の境を彷徨うんだって」

「……へえ」

「私さあ、このあいだ、冗談でその噂、研究室のPCで書き起こしてみたんだけど」
「う、うん」
「おかしいんよ。
何度やっても、「キコキコ」が、「寄子奇子」になるの。
よりこ?って、最初は思ったんだけど……


奇形児も、この奇の字なんよね。
……この学校、戦時中は戦争のための施設で、
沢山の人が亡くなったっていうじゃない?
忠霊塔もあるし。
成仏できない無念の霊とか、いろいろ、集まってくるって噂だよ。
その中に……いたのかもね。
赤い貞子みたいな霊が……」
「や、やめてよ……
もう1時やん……
寝られないよー」

めっちゃビビった私は、思わず部屋のこたつにもぐりこんだんですが
彼女は、「ちょっとまって。私ヤフオクの取引終わらせてから寝る」
っていうんですね。
まあ、怖い話聞いた後だし、電気ついてる方がありがたいわ……と、
私もその日は灯りがついてるままでこたつの中で寝ちゃったんですけど。

さて、当時私は地元、高知の大学に通っていました。
高知には例の、色んな方面にやたら博識な先輩がいたので、会ったときにその話をしてみたんですよ。
この先輩は、心霊とアニメ漫画と仮面ライダーに並々ならぬ知識量を誇る立派なオタク女性なんですが、大変世話好きなけっこうなお人柄で常識人だというのに、突然「(三国志の)呂布は魔性の美少年」というドマイナーな性癖を暴露して我々を驚愕のズンドコに落とし込むというなんか面白不思議な人です。
心霊オカルト関係にも博識で、どういうものが危ないのか、よく教えてくれたりしていたんですけどね。

さて先輩、赤い貞子の話をきいて、「ううん…」と唸りました。
その唸りようが、なんというか、尋常じゃない。

眉間にしわを寄せて、実にこう、「それは…よくないものの話ですね…」と霊能者がいうときの、あの雰囲気です。冬場の駐輪場でそんな雰囲気になると、人通りはあるとはいえなんか不気味です。

私は生来の怖がりもあって、、もうめっちゃびびってしまって、ヤフオクで買ったばかりの、自分のお気に入りのキレイ色のコートの裾を握りしめてしまったりして、ガタブルしてました。
「やっぱりよくないんですか」
私が聞くと、先輩は頷きました。
「よくない。特に、学校が動くっていうところが」
「え…」
風が強い日でした。冬の寒い風がばんばん顔に当たるので、私は慌てて髪をまとめ直します。
シュシュをつけていると、先輩は神妙な顔つきで、ひとつ頷きました。

「……いいにくいんだけど。
前から、君に言わなきゃいけないと思ってたんだよね」
「え、なにを」
先輩は明らかに私を見ています。
「な、なんですか」
「髪、切った方がいいと思う」

「……は?
え、私?」
思わず私は自分を指さすと、先輩は頷きました。

何だろう。長い髪は霊的によくないとか、そんな話なんだろうか。
そんな話あったっけ?

すると先輩は、眉間に指をあてながら、言いにくそうに、実に言いにくそうに、ぽつりぽつりと話し始めました。
「あのさ……」
「な、なんですか。もう私に赤い貞子がとりついてるとかいうんですか? やめてください怖すぎるんですけど」
「いや、その赤い貞子っていう噂なんだけど」
「は、はあ」
「その妖怪、いくつか特徴があったよね?
えっと、貞子のような、顔まで覆った真っ黒い長い髪で。
赤いワンピースで。
それが、寄子寄子(きこきこ)、と、さび付いた自転車をおしてくる……。
そしてその姿を見た者は、高熱で生死の境をさまようっていう……」

「そ、そうです」
「正体、わかっちゃったんだよね」
「!!??」


「ど、どういうことです!?」
と聞くと、彼女は意を決したように、ぽんと私の肩を叩きました。

「君じゃないかな……正体」

 

 

 

「ファ?」

……変な声が出てました。
なにがなんだというんです??
先輩はメッチャ言いづらそうにこっち見てるし。

「え、ちょっと、どういうことですか。
私が妖怪だってんですか。いや確かに不気味なオタクですけど
いやいやいやそこまで最終形態にはなってないはず
「いや、君、一発芸で貞子得意やん」
「得意ですけど!?」
「あとチャリンコ整備しないやん」
「!? い、いや、整備のタイミングがちょっとわからなくて、でも、赤いワンピなんて着てないですよ」
「お前今メッチャ赤いコート着てるやん!!」
「ファーーー!?」

……先輩に指さされたのは、私がヤフオクで落とした、濃いキャメル色のロングコートでした。

「あ……赤??? ですかね???」
「目撃現場って夕暮れやろ? 全体的にチョー赤いやん?
そこでキャメル色なんか着たらそら真っ赤に見えるやん?
しかも君、よくシュシュ外してるから、
髪の毛くくらずに歩いてるとめっちゃ貞子みたいやん???」
「んあー……」

そうなん?? そんな馬鹿な、と思いましたが、
確かに私の一発芸の貞子は各方面に好評で、
「いかにもテレビの中から出てきそう」「井戸の中に八幡がいたら眠れる気がしない」「頼むから暗い廊下に潜んでて、人が来たら四つん這いで出てくるのやめろ」と、家族友人一同をかなりのクオリティで恐怖させていたと自負しております。
が……

「……え、私、男子学生に高熱を出させた覚えはないんですけど」
さすがにそこまでは。
すると先輩、そっと、駐輪場に貼られたポスターを指さしました。
『インフルエンザ注意
予防接種をしましょう』
「んあーーーーー」
「夕方にさ、学校付近でうろうろしてた男子って、ようは卒業制作で研究室とやらにこもるための夜食を、日が暮れて歩きにくくなる前に買いに行ってるんやろ?
だいたい、制作やら卒論やらに追われてるときって生活リズムが不安定になるからなあ。
それで風邪ひいたんやろ絶対。疲れてんねんみんな。つかれてんねん」
「あっ……」

ぽん、と。
再び先輩に、肩を叩かれます。

「学校に通報される前に髪切って自転車整備しような?」

「……は……はい……」


その後。
私が髪を切り自転車を整備したのちに、赤い貞子の話は聞かなくなりました。
が、また例の同じ研究室の彼女に、今度はホンモノの忠霊塔の怖い話を聞かされたのは、また別の話で。
もうなぁ、夜中に怖い話するのやめろよぉ。眠れないだろぉ。やめろよぉーー。

| 03:06 | | comments(0) | trackbacks(0) |
さいきんのかみさま。

毛利家のまんがを色々改定して、こんな漫画描いてみました。

神様に祀られた戦国武将のみなさんのテキトーなさいきんのお話。

 

【登場人物紹介】

 

 

 

 

 

隆景ちゃんが作中で使ってるPCはちゃんと意識高くmabookだよ!wwww

win8搭載なのはノリと勢いでしたすみません。

ではどうぞ!  → → → 右端から読んでね

 

 

| 17:23 | | comments(0) | trackbacks(0) |
オカルト八幡「村長さんの家」

実話怪談 オカルト八幡、はじめます。

「村長さんの家」


私の地元の高知に、にこういう伝承があるんですよ、
「よくわからない高熱に襲われたら、橋の真ん中で着物を三回振って払い、その後絶対に振り返らずに帰れ。振り返ると鬼がついてくる」
市街地のはりまや橋付近の、遊女さんの使うまじないだったらしいんですけどね。……で、それをすると、遊女さんにかかっていた呪いは返るわけです。
呪った人間に。

 

さて、これは西の方の寒村の、うちの母の故郷の話なんですが、
そこはカイコを飼っていて、絹織物が盛んだった地域だったのですが、何度も何度も、なぜか一軒だけの家で、蚕が全滅したりしたそうです。
一軒ずつ全滅して、ぐるりと村を回るぐらいだったそうです。
村人はおのたびに、「あの女の呪いだ」と、村の一人の女性の名をあげたのだそうです。

・・・・・で、この間の母との電話で、そのカイコの話がちょっと話題に出たのですが、その「あの女」というのは、普通の村の女性かと思っていたら、なんと、村長さんの奥様だったそうなんですね。
(個人特定されないために、いろいろぼかしは入れてます)

 

私はびっくりしました。「なんで村長さんの奥様が村人を呪うの!?」
すると母、「あの人は色々と幸薄かったからね。呪いでもしないとやってられないんだと、村で噂だったそうよ。もう昔の話だけどね……」

なんでも、その奥様、一度見たら一生忘れないというほどの凄い美貌を誇った村一番の美女で、若い頃はあでやかな銘仙をきこなして、東京帰りの人らしく、真っ白な日傘をさして、物憂げな表情がそこからのぞいては見る者すべてを魅了するような、大正浪漫の顕現のようなお方だったらしいです。
当時は村長さんちも裕福で、何不自由のない生活をしていた方だったのですが、「幸薄い」と言われる理由はしっかりありました。

子供がなかったんです。
それに、旦那さん(村長さん)が遊郭につめて、毎日遅くまで帰ってこなかったそうで。
物凄い美人の奥さんを持ちながら、彼女には振り向きもせず

「……それって……」


私は思わず、考えてしまいました。
それ、その、村長の奥様が、遊女を憎んでいたんじゃないの?
でもその呪いの「念」を、遊女さんのまじないで返されたんじゃないの?
だいたい、自分の村の評判にも関わるのに、村人のカイコ殺さないだろ普通……。

思わずそんなことを口走ってしまうと、母は、
「え、そうかしら? 確かに呪いの念は強いと噂された人だったけど。(迷信深い土地柄なんです)
でも、あの人はキリスト教に熱心だったのよ。
アメリカからきた宣教師さんにすごく縋っていたの。
キリスト教に呪いなんかないでしょう?」
という。

私はちょっとコメントできませんでした。
だって、キリスト教には、あるんですもん。呪い。
正確には、キリスト教圏にある魔術。
現在は体系化されて、西欧近代魔術として知られますが、
これ、第二次大戦では英国が国家的に使用したほど信頼のおける
魔術だといわれています。人を呪う方法も、ちゃんとあります。
私も少しだけ調べたことがあるけど、
あれは悪魔を呼び出すんだ。

ひょっとして、はりまや橋の遊女が払った呪いの中には、悪魔もいたんじゃ……?

いやいや、まさか。
あまりにもマニアックだわ。
私は当然、そんなことは母には言わずに
適当な相槌をして電話を切りました。

 

それからまた別の日に、母に電話すると
死んだ祖母の話になりました。

「懐かしいわねえ」と母が言う。
「こんな月のない夜には、おばあちゃんがよく言ってたわ。
『まもう』が来るから早く寝なさいって。
怖い思いをしたくなければ、って」
「あー言ってた言ってた。
でも『まもう』ってなんだろうね?
何かのバケモノなんでしょ?
でも、調べても全然出てこないよ」
「魔物、のなまりじゃないの」

母は適当に答えます、まあ、そんなもんなんでしょうけど。
「それにしてもあんた、最近オカルトオカルト言ってるけど、こっくりさんだけは、絶対やっちゃダメよ?」
母のいつもの釘刺しです。小学校のときから言われていました。
「わかってるわかってる。
私がこっくりさんなんかやるわけないじゃない」
「あれはよくないものよ」
「ニュースとかでダメってゆってたんでしょ。わかってるって」
「いや、そうじゃなくて」
「?」

「あれはよくないのよ。
宣教師さんも言ってたのよ」

宣教師?

「え、それってあの、村長さんの奥さんが信仰してた宣教師さん……?」
「そうよ」
「??
こっくりさんなの?
そんなころにこっくりさんがあったの?」
「いや……こっくりさんじゃない。
でも、似たようなものよ」

なんだなんだ?
そういば母は、子供の頃よく村長さんちに行って、
テレビを見せてもらったり
オフロを借りたりしていたはずだ。
そのときに……

「……何か見たの?」
村長さんちで。
私が訊くと、母は、「私は見ていない」といいました。

なんなんだよ……


そういえば、私聞いたことあったんですよね。
村長さんちには、「入り口のない部屋」があるって。
まあ、そんな部屋はうちの母の実家にもあるんで(こっちはただの屋根裏)
今までは大して気にもしてなかったんですが……。

「……とにかく、こっくりさんはだめだから」
「はあ」

とりあえず私も従いますが、妙に釈然としません。

そこで、ふと気づくのです。
亡き祖母が、「まもうが来る」と言ったときに
必ずある方角をさしながら言っていたことを。

それは……村長さんの家の方角。

まもうってなんだ?
村長家に一体何があるんだ?

すると、母がぽつりと言いました。

「そういえば、あの宣教師さんが来てからだったわね。
まもうがくる、っておばあちゃんが言い出したのは。
それぐらいからかな、村長さんちの商売が今までよりずっとうまくいきはじめて
凄いお金持ちになって……」

ふとそこで気が付く

「まもう……マモウ……

マモン?」

七つの大罪の強欲(富)を司る悪魔の名前。

私はぞっとしました。

何を?
村長家の美貌の若奥様は、アメリカから来た宣教師を呼んで、一体何をしていたんだ?

ていうかマモンって喚べるの?;;


とりとめもないですが、今回はこれでおわりです。
ご清聴ありがとうございました。

| 23:25 | | comments(0) | trackbacks(0) |
booth通販おしらせ、タンブラー更新など
boothの通販を開始しております。
5/28零時までのお申込み・お支払分は、全て発送させていただいております。
https://88ta.booth.pm/



今まで作ったメイキングを、いくつかまとめております。
通販ページはこちらです。
よろしくお願い致します!
メロンさんになかなかお願いできない…申し訳ないです(;ω;)

あと、ポートフォリオのタンブラーもそこそこ整理しました。
こちら
よろしく〜!
| 03:44 | | comments(0) | trackbacks(0) |
創作・戦国毛利家まんが、その2です
戦国毛利家を題材にした、ゆるゆる日常マンガです。
みみけで出した本の中身をこっちで公開〜

高解像度版はこちらでご購入できます。
【booth】https://88ta.booth.pm/
【アリスブックス】http://alice-books.com/item/show/5139-1



「毛利三兄弟がスタバに行きました」のまき




「毛利家ときつね」のまき




おしまい。

次の更新は四月を予定しています。
| 16:08 | | comments(0) | trackbacks(0) |
冬コミとみみけありがとうございました!


画像は双方で頂いた差し入れ。
どうもありがとうございます、遅くなって申し訳ない…!!><;

コミケもみみけも凄く楽しかったです、
思ったよりたくさんの方においでいただけてお会いできてびっくりしました!
萌え狐島のなかでなぜか創作戦国をやっているという超場違い感だというのに…
感謝感謝です!!><

【通販もやってます】
booth:https://88ta.booth.pm/
アリスブックスさん:http://alice-books.com/item/show/5139-1

冬コミ、みみけの新刊両方ともまだありますので、
またよろしくお願い致します〜!(メロンさんへの委託は時期を逸した感ありますがそのうち…)

ではでは!
| 22:45 | | comments(0) | trackbacks(0) |
みみけっとで出すブランケットのご予約開始します〜

【お知らせ】2/7 ブランケットご注文の方に、刷り上がりについてのメールを送信しております。
大変申し訳ありませんが、ご確認いただけますと幸いです!
きていないという方はご連絡くださいませ…!

【お知らせ】
2/20までのご注文分(booth / フォーム双方)、ご入金が確認できたものは全て発送致しました。
2/20 13:00までのご注文メールに全て返信しました。




2/14のみみけっとで、この柄のブランケットを発行するので
通販、会場受け取りともに予約受付しております!(会場受け取りのご予約は終了しました。)
※2/7 天地左右が最初のサンプルより、かなりカットされています。
ご了承のうえご購入くださいませ…!

ただ、その分、けもみみとしっぽが大きくなって、撫でやすくなっております (*´▿`)
実物が手元にありますが、ものっすごい気持ちいです…あったかいし…もっふもふ…

【ご注文用フォーム】
こちらからご注文ください〜(現在通販専用です。)

頒布物仕様は下記です。
・700mm×1000mmのスタンダードなサイズ
・もふもふ起毛のminkブランケット
・フルカラー狐っ子のイラスト
・一枚3500円です!(送料500円)
・頒布物受け取り方法:通販(レターパックプラス利用)可能。

以上でございます。よろしくお願い致します!

 
| 00:32 | | comments(0) | trackbacks(0) |
創作・戦国毛利家まんがはじめました。
ゆる〜くはじめました。
まあ暇つぶしにでも観てみてくださいませ。ユルユル。
12/23 やっと更新。新しいマンガはしたのほうにあるよー 。竹原の海鳴り、完結ですぞ (*´▿`)

このマンガの高解像度版はこちらで頒布してます。
メロンブックス(本だけ)
booth(新刊セット)

***

一の利 毛利家の三兄弟のまき。





二の利 毛利家の趣味のまき。








***
三の利 男を手玉に取る女のまき。




四の利 竹原(隆景様のおうち)の海鳴りの巻き












とりあえずこれとあとここに未収録のやつ一個加筆して
コミケの新刊に収録します〜
完成物は未発表のカラーイラストとかもあるんで
よかったら通販していただけると幸いです!
メロンさんで予約はじまってます。
こちらつ【https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=148051


***
【登場人物紹介】


毛利元就
ご存じ毛利家当主、中国の覇者にして謀神。
数々の名家を謀略によって叩き潰してきた恐ろしいお方。
三本の矢の話で有名だが、
あの話は、個性的すぎて仲が悪い三人兄弟に
苦労して生まれた話ということは
意外に知られていない。
あと、本当は11人兄弟(女子含む)である。
71にもなって子供ができている。恐ろしいお方である。


毛利隆元(22歳〜)
ウツ気味長男。地味
優秀なパパと弟二人の間で、凡人である己に苦悩したという逸話が残る。
凄くウツウツとして「もうだめだあ〜俺はダメだあ〜〜!」と
叫んじゃってる恥ずかしいお手紙が現存しており
現在もなお衆目に晒され続ける気の毒なお兄ちゃん。
しかも早死にする。



吉川元春(15歳)
次男。脳筋
ブサイク専門の性癖があったり、ノリと勢いで11歳で初陣したりと
とにかく元気なDQN。やたら強かったらしく、一応生涯不敗らしい。
読書家で頭はよかったはずなのだが
あまりにも強くて元気だったせいで、後世の人間に、
脳味噌があったことを忘れられている。

弟の隆景公とセットで「毛利両川」と呼ばれるが
だいたい弟さんにふり回されている。隆景さんに寿命を吸い取られた


小早川隆景(12歳ぐらい)
三男。世間ではドSの誉れ高いお方。
可愛い顔して身も蓋もないことをぬかす、後の毛利水軍の長。
パパとママへの甘えが足りなかったのか
お兄ちゃん二人にタチの悪い甘え方をして苦しめる困らせることが常。
元春お兄ちゃんが大好き。
一応このマンガのマスコットキャラクター。一応。
| 22:01 | | comments(0) | trackbacks(0) |
みみけっと おそばについて
ご無沙汰の更新ですみません!
八幡です。
今回は、みみけっとのセットでついた【おそば】の調理法その他について、こちらでお知らせさせていただきます。
(みみけセットは通販もします。多分自家通販になるかと。詳細は明日にでも…!)
--------------------------------------------------------------
【おそばについて。】

◆指定ゆで時間:5〜6分
私が試したところ、6分ゆでたら丁度でした。
(半分に切り、手鍋で電気コンロで強火で沸騰させたのち中火で6分)

◆おつゆについて
おつゆはついていませんので、【そばつゆ レシピ】などで検索してお試しください。
https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=%E3%81%9D%E3%81%B0%E3%81%A4%E3%82%86+%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94

私は、醤油2:市販の京だし1+昆布とかつおの出汁(薄め)を適量入れて、温そばにしていただきました。
市販のおつゆでも全くかまいません。お好みでどうぞ。

◆具について
ネギ、もみじ型にんじん、かまぼこ、にしんやおあげなど、お好みで乗せてお召し上がりください。

★ねこみみっ子ポスターを正面に貼りながら、会話を楽しまれながらのお食事を推奨しております。
※そば、その他そば麺に一般的に含まれる原材料のアレルギーの方は、お召し上がりをご遠慮ください。



今回のおそばは、【北東製粉株式会社】様の製品です。http://www.hokuto-kona.net/
賞味期限は2015/4/30となっておりますので、お早めにお召し上がりください。
名称:そば
原材料:そば粉、小麦粉、食塩
内容量:125g
保存方法:直射日光と湿気を避けてください
| 15:43 | | comments(0) | trackbacks(0) |
壁紙配布のおしらせです
こんにちわ!
先日の記事でお知らせしました、壁紙配布について、
準備完了しましたのでお知らせいたします!
(新刊を通販でご購入の方は、ぜひ一度記事をご覧ください)

http://bs○○○.1945.namaste.jp/

この、「○○○」の部分に、新刊の裏表紙の「1945.namaste.jp」の下の行の文字列の、
3ケタの数字を入れてください。
これが壁紙ブログのアドレスになります!
気に入っていただけるものがあると幸いです!

それでは、今後とも1945をよろしくお願いいたします。

★年賀状配布企画しております:https://twitter.com/1945meme
お気軽にご参加ください!


 
| 01:24 | | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/30 | >>