1945

オタク系イラストサイトです。年号で検索した人は退避退避!

元のサイトはこちら≫【1945】

初回訪問時はご覧下さい≫ 【初めての方へ】

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
栄光無き変態たち 2
【1はこちら】
創作ゲームの番外編。一応エンディング後のギャグ短編なんですが
そもそもゲーム自体が完成して無いのでどうなの的な。
ゲームはやってなくても大丈夫なように書いてますー。
ではではよろしければどうぞv


---



 さて……顛末は、今まで語った通りだ。
 変態が軍隊に与えた多大なる悲劇、そしてそれを解決すべく俺たちが奮闘することになった経緯だな。

 で、話は戻って、冒頭の窮地だよ。
 戸口で少女が絶叫し、俺たちがパンツ持って硬直してる。
 この状況を画期的なアイディアで以って打開して、俺たちが別にパンツ愛好会の一員とかじゃないことを、この娘さんに納得させにゃならんわけだな。

 ……どうしろと。


「とりあえずパンツは隠したらどーか」

 と、ザビがいう。

「OK。お前いいこと言うじゃないか」

 悲鳴が続いている中、俺たちはそそくさと猥褻物を隠蔽した。
 ポッケの中がイカ臭くなるが仕方ない。
 未来より今が大事だ。OK、バッチグー。

「あー、お嬢さん。パンツは気のせいです」
「…………え、だって、今さっき」
「気のせい。きのせー」
「…………」

 お下げの少女が納得行かないような顔をする。
 しかし、すぐに振り払うように、細い首を振った。

「……わかりました。気のせいです。
私も変なもの見たなんて思いたくないですわ」

「……変なもの」

 軍曹がボソリと呟く。パンツの持ち主は彼である。いたたまれない。

「ソレヨリサー。どーすんのコレから。もう直ぐ十時なんだがね」

 ザビが空気を読んだ。コイツは何気に苦労してるから色色読む。
 読みすぎてマルチ商法に引っかかったりする。……一長一短だ。
 俺も奴の助け舟に乗り、腕時計を見た。話題を変えるにはこれしかない。
 螺子にハッパ掛けるべく手首を振ってから、顔を上げる。

「十時ってことは、変態が現れる頃だな」
「もう現れてるじゃありませんか」

 少女がこっちを指す。
 いや……ええと、その。

「物凄い変態が出るんスよ。最近この街も物騒でねェ」
「そう、中尉殿の仰るとおりです。常軌を逸した変態が出ておりまして」
「まあ……パンツ交換の儀よりも常軌を逸したことがこの世に?」
「……あんなものは序の口なんだ」

 なんというか、他に気の利いた答えが無かった。
 すると彼女は、恐ろしいですねと深刻に眉を顰めてから、俺たち三人の顔を交互に見た。
 ……何を言いたいかは判るが、俺たちは違うんです。
 道を極めるなんて、もうとてもとても。

「……ところで、お嬢さんは一体。
というか、なぜ此処を……?」

 軍曹が尤もな問いを発する。
 彼女も、そこで一旦正気に戻ったようだった。

「……あらら、ごめんなさい。あたしったら。
ええとですね、私、キケロと申します。キケロ・シュヴァンクマイエロヴァ。
魔女の森の四領主の家のものです、以後お見知り置きを」
「……領主の娘が、ンなとこへろへろ出てきてていいんスか」

 淑女の辞儀をする彼女に、ザビがもそりと呟く。
 俺はつい、重い溜息を一つ吐いた……

「俺が護衛なんだ……」
「どんだけ頼りない護衛よ」
「失礼だなお前。俺もう10年ぐらいこの仕事やってんだぞ」
「……まあいいけどよ。この街平和だし。
しかし、領主の娘サンがこんなところで何してんノ?」
「中尉殿、もう少し敬意を払ったほうが宜しいのでは……」
「いえ、構いませんわ。このお二方には、こちらの不手際の際大変お世話になったのですから」

 お嬢様が微苦笑といった具合に微笑んでくる。
 俺たちも、取敢えず肩を竦めて笑った。

 何と説明したらいいのか。
 俺たちは適当に、『魔女の棲む森』事件とか呼んでるが。
 ……ちょっと前、彼女の関係者が、この街で妙な事をやった。
 俺たちはひょんなことからその混乱に巻き込まれ、結局、彼女とともに事の顛末を見届けた。
 事件を解決したわけではない。見届けただけだ。
 だが、それでも、誰も見ていないよりはマシだった。

 そして街には平和が戻り、……俺たちはこんなしょーもない事件に足を突っ込めてる。
 いいことといえばいいことなんだろう。
 だが、だ。
 見聞を広めるとかいう名目で留まってる嬢ちゃんが、こんなところにまでやってくる理由は知らん。
 仕方ないのでその件を問うと、少女はあら忘れてましたとか、ピントのずれた事をいった。

 この娘さんの兄貴と俺は、旧知の仲なんだが。
 なんつうか……こんなん量産されると、こっちの脳みそもユルくなってくる。
 まあ平和ってことなんだろう。

「で、フロイライン・シュヴァンクマイエロヴァ。何かございましたか?」 

 気のない調子でそう尋ねると、彼女は大きな目を見開いて叫んだ。

「それがですね、大変なんです! もーあたし吃驚しちゃって。
今日ホテルで窓の外を見たら、人が歩いていったんですよ。三階だったのに!」

「高所愛好会のヒトの会合でもあったんじゃー……」
「ザビ君自重。そんなの聞いたことない」
「知らねーの?
内陸部の狙撃手、ジェフリー氏が主催する、高所を愛好する狙撃手及び市井の愛好家が集う場所で」
「うるせえ! だあッてろ変態!
え、ええとキケロお嬢さん。その三階付近を歩いていったアホは、こんな顔してませんでしたか」

 と、ザビを指す。
 少女は少し考えると、

「いえ…。なんていうか、申し上げにくいんですけど……水着だったんです」

 など、衝撃の発言をした。
 えーと。

 ……水着?

「……水着、白だったりしたノー?」

 後ろからザビが呟く。問うというより呟いてる。
 見ると、表情はげっそりしていた。
 まあ……うきうきする話題ではないわな。

「わ、そうそう! 真っ白な水着を着た男性だったんです!
なんていうか、ハイレグじゃなかったんですけど……スク水?」

「…………帰りてえ」

 つい弱音が漏れる。漏れさせてくれ。マジ泣きてえ。
 しかし流石、精神力と人間性の欠如では定評のある狙撃手ザビくんは、不条理な現実を物ともせず、彼女へのインタビューを続行した。
 表情は無い。あれだ、……考えることやめたんだろう。偉いぞ同僚。

「その水着男、屋根伝いに行ったんスか? どっち向いてか判る?」

 少女は矢張り少し考えると、ぽんと手を打った。

「それがですね、大変なの! 彼、浮いてたんですの。多分、此方の……お城のほうにきたんだと思うわ!」

「ホレ、エッちゃん。やっぱ特殊部隊だろ」
「選ばれし変態……」
 
 前に耳にした言葉を反芻する。反芻した途端後悔する。もういやだ。
 だが俺も現実は見なければならない。
 気付の意味でも、時計を見た。

「九時五十分――」
「張るぞ。
あっちの廃墟だ。ここがよく見える」

 無表情の同僚が指さしたのは、城壁の向こうに見えるビルだ。
 コンクリートとやらを使おうとして、設計が上手くいかず、結局廃墟になったって話だ。
 洒落た名前を付けるにも困るほど無味乾燥な外観のそれらは、仕方ないので戦中建築物と呼ばれている。

「昨日のうちに準備はしといた。
後はオレらが行くだけサ」
「仕方ねえ」

 乗りかかった船だ。
 俺は友人と共に、ビルへと歩き出した。



---





実はこの分、プロットでは一行です。
どないすんべ…。
とりあえずプロットはあと2行残ってるので(w)
ぽちぽち暇を見て描こうと思います。
あと郵便局が遠いです。…orz
| 03:29 | 小品 | comments(0) | trackbacks(0) |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://x.1945.namaste.jp/trackback/730392
<< NEW | TOP | OLD>>